2018年08月26日

デジタル診療!

院長の田尻です
今日は博多に歯科技工士の宮里と一緒に、セミナーに行ってきました
79C930D4-FD21-4A58-A14D-348946749149.jpeg
今日は、患者様に馴染む被せ物を作ったり、顎の痛みでお悩みの患者様のあごの動きを計測したりすることができる最新機器の勉強をしてきました。
近年では、虫歯や歯周病といった従来恐れられてきた病気よりも、俗に言う、「咬み合わせ」が原因と思われる問題で不具合を起こしたり、歯を失くしてる方が増えてきているように思います。
「咬み合わせ」に関しては、筋肉の動き、関節の動き等と歯の擦らせ方が上手くマッチしないと、どんなに白くて綺麗で高価な被せ物をしても上手く噛めなかったり、全身的な病気を引き起こしたりしてしまうことがよくあります。そのため、凄く難しい分野で、多くの歯科医師があまり考えずに臨床を行なっている現状があります。ですが、私は地元でやるからには、そういった他医院で治らなくて困っている方も治すために、咬み合わせの分野に力を入れております。
今日習ったのは精密器械で顎の動きを簡便に可視化する事ができるもので、以前から興味があったのですが、その使い方の日本でNo. 1の方に直接習う事が出来て、本当に楽しいセミナーでした!
臨床向きの器械で、うちの医院にも是非欲しいなぁ…と思いました…

また、借金が増えるかなぁ…(笑)A77B4EA6-A4F3-41EC-8DBA-62FAB5368663.jpeg
posted by TAJIRI at 18:20| Comment(0) | Tajiri | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: