2018年07月16日

やっぱり、一般臨床医こそ矯正治療を!

院長の田尻です。84540B89-B66B-45A6-92F8-CB115B80805C.jpeg
今日は私が所属しているスタディーグループの毎年恒例になった外来講師の講演会が朝から一日中ありました。
連休を使ってわざわざ大阪から来ていただき、お疲れのところ、昨日の夜は懇親会もご一緒にさせて頂き、非常に充実なディスカッションもさせて頂きました。
A5352C2C-F27B-4AAE-A30B-937CCF4D5D1D.jpeg
今回の内容は矯正治療を絡めた歯科治療の内容で、一般の医院では中々馴染みがないかもしれませんが私の医院では矯正治療は噛み合わせの改善をできる唯一の手段として、私自ら行いますので、参考になることばかりでした。

講師の先生は一般臨床医でありながら矯正治療ができる日本トップクラスの先生ですが、やはり私と同意見で、私たち一般臨床医こそ、矯正治療という特殊な分野を理解しないと、丸投げして矯正専門医に任せても中々想像した治療は出来ないとおっしゃっておりました。そもそも、矯正専門医は噛み合わせに関しての分野は苦手なので少なくとも私達一般臨床医が矯正専門医に的確に指示をできる知識と連携体制を作るか、自ら行える技術と知識を持たないと噛み合わせが原因で問題を起こしている患者様は救えません。
そういった意味で私が目指している臨床がそこにあり、本当に充実した一日でした。また、たじり歯科が目指している方向も正しい事も確認できました!
たじり歯科を信頼して通って頂いてる患者様が1人でも多く、なるべく短期間になるべく負担なく病気が治り、その後なるべく長期的に安定する事を目指して明日からも頑張ります!
D1A73F65-DFAF-48DA-86D2-B5F8900EC1F6.jpeg
posted by TAJIRI at 20:47| Comment(0) | Tajiri | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする